真人間を目指すためのログ

その日したこと、観たもの、読んだもの等の記録

2019年夏 ツーリング記録

去年の夏、2019年のツーリングのことを駆け足で振り返る。いつもより画像多目でお送りする。
最近の定番ルートは国道8で糸魚川から富山入り。ツイッタで見て知った魚津埋没林博物館へ。

f:id:glamaje:20200920203413j:plain本当に水の中に木が埋まってて笑った。

f:id:glamaje:20200921080535j:plain福井といえば恐竜、の福井県立恐竜博物館。前に通ったときは渋滞で入れなかったので朝早く開館前から行きました。
恐竜アニメ映画の上映があり、恐竜を初めに発見された人物とされるギデオン・マンテルに興味を持った。

f:id:glamaje:20200920203648j:plainえちぜん鉄道勝山永平寺線終点の勝山駅。駅のえちてつカフェはお休みだった。

f:id:glamaje:20200920203839j:plain〈越前そばの里〉のレストラン。ソースカツ丼と越前そばの「ふくいセット」はうますぎた。

敦賀から舞鶴方面に向かうのはあきらめて、岐阜方面へ向かう。

唐突にラーメンが食べたくなったせいか高速道路の養老SAに行きHighway ラの壱の名古屋とんこつラーメン。NEXCO中日本PA・SAはほとんどが一般道から入れる。その後疲れたのでSAでしばし寝ていた。

f:id:glamaje:20200920204502j:plain岐阜県養老町の養老の滝。

f:id:glamaje:20200920204531j:plain

f:id:glamaje:20200920204547j:plain養老天命反転地荒川修作のことは宮崎駿と対談していたことで知ったのだった。行ったときは園内を工事中ということで少し料金が安かった。確かに1995年の開園だから老朽化している。
しかしここはあまりにも暑すぎでここから頭痛で苦しんでいた。

f:id:glamaje:20200920205306j:plain

f:id:glamaje:20200920205311j:plain天敵アニメ映画の聖地。

f:id:glamaje:20200920205613j:plain

f:id:glamaje:20200920205618j:plain新潟にもある巨大スーパーマーケットのプラント。PLANTのあとの数字は敷地面積の規模を表している(現在の新規店舗では廃止されている)。PLANTに6がつくのはここ瑞穂店だけでプラント界最大の売場面積を誇る。黄金のロゴはここが特別なプラントであることを主張しているようだ。

フードコートにあるスガキヤで食べたあと養老天命反転地の暑さによる頭痛の後遺症に苦しんでいた。

明治村に行ってみようと思っていたが、この暑さではとにかく広い明治村を歩き回るのは地獄だろうと思い、あきらめた。何度も行こうとしているが今回もパス。かわりに岐阜の各地を見て回ることに。

f:id:glamaje:20200920212624j:plain内藤記念くすり博物館にて、白沢像。女神転生みたい。

f:id:glamaje:20200920212953j:plain岐阜かかみがはら航空宇宙博物館。

f:id:glamaje:20200920213304j:plain淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ。ここはよかった。まずは上の階に行き、岐阜の川辺にいる魚からだんだんディープな世界へと降りていくように意図して作られていて、ディズニーランドのアトラクションのような感覚がある。あまりにも大きすぎる魚が漂っていて笑った。途中BGMがジムノペティの有名な1番ではなく2番の方が流れていたのも気が利いている。 

f:id:glamaje:20200921080842j:plain犬山まで戻る。珍スポットとして知られる桃太郎神社に寄る。
異様な感覚を感じる場所である。宝物殿は時間が過ぎていて入れなかった。

 デニーズ岐阜長良店でいつもの卵ご飯の朝食ののち、金華山に登ることに。ちなみにオートバイは岐阜公園二輪車駐車場に無料駐輪が可能だ。

f:id:glamaje:20200921080950j:plainルートは馬の背登山道というハードモードを選んでしまった。確かに道は険しく登れないというほどではないが、久しぶりの運動だったのでめちゃくちゃに汗が出て、山頂にある自販機の水を買ってごくごくと飲んでいた。帰りは七曲り登山道ルートを選んだ。

鵜飼ミュージアムへ。それから岐阜市を離れ、一番軒の芥見店でまたとんこつラーメン。

f:id:glamaje:20200921082135j:plain関市の宗休寺へ、暗闇の中の戒壇めぐり。

f:id:glamaje:20200921082103j:plain

f:id:glamaje:20200921082042j:plainカフェが良かった。奥の畳の部屋は宿坊として泊まれるらしい。

f:id:glamaje:20200921082223j:plain珍スポットの古井の天狗山。よくわからない場所だ。

その後国道418を走って行く。国道418といえば、最凶として知られる酷道である。八百津町まで行き通ったのは新旅足橋のかかる新しいほうの418だが、潮南で突き当たりとなり、ここを右折してしまった。
「十日神楽までは行けます。その先はどこへも抜けられない!」というおどろおどろしい手書きの看板を見ながら進む。そう、そこは酷道へと続く道だ。

ついに下り坂に到達。道は荒れ放題だし、怖いのは木々の合間に木曽川が見えて、オートバイで下っていくとそのまま木曽川に落ちていきそうな感覚があるのだ。そのときの木曽川はまるで冥府を流れるレーテ川のようであった。万が一パンクなどしたらどうしようと不安になりながらゆっくりと進む。引き返したほうがいいのではないかと感じながらも、それができない。だからこうなるんだ、やめておけばよかったと思いながらも、好奇心からどんどん先に進んでしまう。

そして、ついに……

f:id:glamaje:20200921082858j:plain

f:id:glamaje:20200921083739j:plainあの有名な場所へとやって来た。

恵那方面に立ち塞がるバリケード。これでも立派な"国道"である。ビッグスクーターでここにやって来た人はどれくらいいるだろうか。他のバイクより来るのが難しいというわけではないが……

f:id:glamaje:20200921171023j:plainもし再始動ができなくなったらどうしようと不安で、エンジンを切ることができなかった。ここで不動になってしまったらまずレッカーも来てもらえないし、登り坂を自力でビグスクを押していかなければいけないと思うと地獄すぎる。そうなったらもう正解は車両を放置してあとで軽トラで取りに来ることでしょう。

f:id:glamaje:20200921083114j:plain橋にかかる赤い橋が見えた! 画像ではよくわからないが、あれが深沢峡にかかる五月橋だ。恐怖感がある。

f:id:glamaje:20200921082947j:plain

f:id:glamaje:20200921083046j:plain倒木と落石があって西方面は通れなかった。でもここは通れなくて正解だったと思う。通れたとしたらそのまま二股トンネルまで行ってしまっただろう。また来た道を引き返すことを考えたらうんざりとしたが、帰り道のほうがよほど楽だった。帰りは行きの1/10くらいの時間に感じた。十日神楽まで戻って来れて一安心。

f:id:glamaje:20200921165613j:plainついでに恵那側のバリケード前にも寄ってみた。絶対に何人たりとも通さんという意志を感じる。

いつか酷道418を歩き切るという"苦行"をしなければいけないと思いながら、私はこの地をあとにした……

中津川のラジウム温泉かすみ荘に立ち寄った。ここは日帰り入浴をやっているということで、500円で鍵のかかる個室の温泉に入れた。坂道があって旅館の中の構造が面白かった。

f:id:glamaje:20200921170729j:plainちょうど日にちだったので、中津川馬篭宿の地歌舞伎の公演に行ってみた。2016年のときも観ていて、3年ぶりとなる。以前より外国人の人の比率がだいぶ増えて、観客のほとんどが海外の方だった。
残念ながらその時に受付をしていたやさしい岐阜のお姉さんはいなかった……

また夜道の国道19号の木曽高速。ここは巡航速度速いし疲れるのでやなんだよなと思いながらアプレシオ 村井店まで行きました。

いつもなら長野市方面から帰るがそちらには向かわず、水上あたりから関越で帰ることにした。

f:id:glamaje:20200921165728j:plain

f:id:glamaje:20200921165742j:plain長野県小諸市懐古園。あの残念アニメ「あの夏で待ってる」の聖地である。

帰りは高崎には向かわず、国道146→長野原→中之条のルートだったかな。

以上、一年前の2019年のことなのにずいぶん昔のことのように感じるなあ。

ホンダ ジャイロキャノピーの思い出

COVID-19の影響で車は売れてないが、バイクのほうは売れているというのは本当だろうか。人の密を避けるためということで、売れているのはやはり原付の50cc~125cc帯らしい。ヤフオクでちょくちょくオートバイ車体のカテゴリを見ているのだが確かにあの車種が以前より妙に高騰して台数も出ていたのである。ジャイロキャノピーである。あの「ピザ屋のバイク」である。

f:id:glamaje:20200917210012j:plain

今でもピザ屋の宅配で使われているのだろうが、ここのところは「銀のさら」かガストの宅配バイクで見ることが多い気がする。地元のガストでの宅配は車でやっているようでキャノピーが走っているところはほとんど見ないが、ガストの店舗にキャノピーが並べられているところは結構ある。でこのキャノピーがヤフオクではかなりの人気車種になっていて、商業用で使われたものが払い下げられてヤフオクで売られるという流れのようである。商業用だけに酷使され、何万キロと走った車体も多い。だが個人でキャノピーに乗ってみたいという人は結構いるようで、特に今は電車を避けて通勤用にと考える人もいるかもしれない。キャノピーには確かに独特の魅力があり、タイヤ幅を広げる改造をすれば青いナンバーがもらえてミニカー登録も可能で、50cc原付の制限を超えることができるのも利点だ。
実はこのジャイロキャノピー、以前私も欲しくなりヤフオクでン万円で買ってしまったことがある。TA02中期型の、2stキャノピーである。それで直接引き取りにいったのだが、場所は長野県の伊那市で、長野は新潟の隣県なのに微妙に遠い。置いてあったのはリサイクルショップで、どこかの家の車庫から拾ってきたものらしい。それで自走で帰ったのだが、やはり死ぬほど苦労したのだった。走行していたらすぐにエンスト。その後はなかなか再始動できない。仕方ないのでダイソーで工具を買い、キャブレターの調整をすることになった。しかし直らず、スロットルを開けると詰まったように失速するし、しばらく走るとやはりエンストする。そうなると何度キックしてもエンジンはかからず、再始動にはかなりの時間を要するのである。もう駅前の駐輪場に放置してあとで取りに来ようかと思った。夜になり、長野市に向かう途中の国道19号の山中の家の前で止まった時は家の人に救援を求めようかと考えたが、それはせず材木が置いてあるようなところでしばし野宿したのだった。そしてまだ夜が明ける前からまた走り出すことにし、キャノピーのサイドミラーを見ながら暗い中どうにかコンタクトレンズをはめたのであった。しかし一日たって状態が改善するはずもなし、もうどうにもならないのでトンネルを通るときなど重い車体を押しながら歩いていったりした。朝方ガソリンスタンドの前で工具を使い燃料ポンプなどを一生懸命調べていたが、それで治るはずもなかった。どうにか長野市まで行き、長野市にはホンダドリームというホンダのバイクディーラーがあるのでそこに持っていこうかと考えたが、持っていけばいいのに金をケチったせいなのか、あまりにも頭が悪すぎてそうはしなかったのである。ガストで休憩に入った時は新しい4stのキャノピーがあって羨ましい交換してくれという思いであった。その後はまたダイソーに赴き針金を買ってマフラーを突いたりしたが、直らなかった。抜けが悪いのかと思ってマフラーのバッフルを外していたのでそれなりにはうるさく、傍から見て異様なバイクであったはずである。それから長野市のネカフェで一泊したはずだ。その後のルートは国道292と18号とでどちらかを選ぶ必要があったが、292にほうは山道が少しきついということで18号ルートを取った。そして幾度となくエンストしながらも、どうにか自走で家に着くことができたのだった。
それほどの苦行をしてまで持ち帰ったのだが、しかしその後も地獄は続いたのであった。ひたすらパーツを変え試行錯誤したもののどうやってもエンストが直らないのである。エンジンがかかる三要素は「よい火花」「よい混合気」「よい圧縮」で、今思えばCDIやらキャブやらは変えていたが内燃機関は見ていなくとっとと圧縮をチェックしておけばよかったと思うが、開けるのが面倒だったのである。2stのヘッドなんて開けるのは簡単なのに。ということでやる気を失って放置プレイが続き、だが車庫に置いておいてもデカくて邪魔なだけなのでなんとかとまた整備しようとしたが、直ったと思ってもまたおかしくなるし我慢の限界がきてもうやってられんとあきらめて結局ヤフオクで売り出したのだった。買ったときと落札された金額の差額だけならそれほどの損失でもないが、パーツ代とかけた時間を考えれば苦行・時間の無駄・無意味な労力の消費であった。せいぜい少しは整備スキルがあがったという成果があったと思うしかない。

f:id:glamaje:20200917200420p:plain

ジャイロキャノピーは走らせると三輪ならではの楽しさはあるのだが、重量の重さと50ccという非力さのおかげでとにかく遅く、その楽しさをスポイルしてしまっているバイクである。それに整備性の悪さが加わる。そういえばマフラーを外そうとしたときにどうにも正規の方法での外し方がわからず、ブチ切れてボルトを金ノコでぶった切ったことがあった。まあこれはやはり私の方が阿呆で方法がわかっていなかっただけなのだが。ということでヤフオクで数年前よりも相場は上がったとはいえ数万で買えるし買ってみようかという人にはよほどキャノピーに憧れがある人以外はやめとけと言うしかない。特に低年式の状態の良くないものを買うと粗大ゴミになります。実用用途でこれを買うなら50cc限定の場合ヤマハ ギアの屋根つきのものを買った方がいいと思う。またはホンダならキャビーナ50/90か。キャビーナならキャノピーよりは動力性能がよくそれなりにきびきびと走ることができる。やはり古い2stであることを考えるとそんなにはおすすめできないが。原付二種ならPCXかトリシティに社外ルーフが付いたものを買えれば遥かによい。この記事はこれからジャイロキャノピーを買ってみようかと思う人にちょっと待って欲しいという思いで書かれました。あなたのお金と時間は重要です。 

(2020/08/30)

安倍について書き忘れていたことがあったが、「ちんぽを見せろ安倍晋三」という言葉も「不能の父」たる安倍晋三に対し侠気溢れるお父さんのビッグマグナムを見せてくれと迫っているわけで、その実必然的に現れた表現だったのである。

ルーフ付きのトリシティがヤフオクに出ていてほしかったがトリシティは足元が狭くロングツーリングにはあまり向かないようで、やはり燃費のいいPCXに勝るものはなくまたPCXがほしくなった。

私はロリコンでもビョーキでもないが小学校の高学年くらいの昔の広末涼子の髪型に似た女の子を見ると憧れで胸がつらくなるな。なぜそうしたタイプの女の子なのか。そういえば昔友人に「○○さんはロリコンですよね」とあらぬ嫌疑をかけられ違うと答えたが「ロリコンの人は(実際にそうだとしても)みんな違うって言うから」とか言ってたが私の場合そりゃ実際違うんだからそう言うだろうと。

美冬さんと連絡が取れてよかった。それにしてもリアルで誰かと知り合ったときのために自己紹介のためSNSなどのアカウントを持っていると便利だと思うが、こんなブログはなかなか人には見せられないのでインスタでもやっておこうと思う。

(2020/08/28)

安倍晋三が辞意表明をしたとかで、だがあまり関心がなく、ツイッタも5chも見ていない。安倍がやめればいいってもんではないわけで、まあ何も変わらないか、より悪くなる可能性もある。それはそうと5chの嫌儲でも安倍がこれほど〈悪のイコン〉として祭り上げられた現象は興味深かったが、もうそれも終わりだろう。そういえば最近地元のファミレスで子供を連れた母とその母の父親がいて母親は子供をうるさく叱りつけていたがその後「安倍さんはよくやっている」というようなことを話していた。ある人たちにとっての安倍晋三という存在は親しみやすく頼もしい父親像であったのだろうが、私にとってはただ見たくない存在であり、また我々にとっての「不能の父」として最適な存在であった。それでこの本について書こうかと思ってまだ書いていなかったが、父方の祖父である安倍寛と父・安倍晋太郎を通して安倍晋三のルーツに迫る興味深い本であった。

山口まで行ったら「地元の名士」であった安倍寛の出生の地と下関の安倍(元)首相御用達の焼肉店にでも行こうかと思った。

朝のテレビの芸能ニュースなどを見るとよくわからないJPOPアーティストのライブの映像などがあり今JPOPというものは一体誰が聴いているのだろうと思ったものだが、今日ダイソーに行ったら店内BGMがもはやJPOPではなくホームセンターのような曲であった。以前のBGMはJPOPで、JPOPというものはこの国では無害なBGMのような扱いになっているのかなと思ったが、それももう終わってしまったのかもしれない。

そういえばカラオケも行かなくなった。

今日も夕方にスーパーカブポタリング。オートバイでももっと積極的にポタリングがされるべきでは。カブだとそんなには目立たないので住宅地のなかにそれほどには気兼ねなく入っていけるのもいい。

(2020/08/26)

昨日は気分がつらくなり勢いで地元のラーメンを食べに行った。全部のせみたいな味噌ラーメンの特別なやつで税込みで1045円のやや高級なラーメンだが、後悔はなくうまい。残念ながら写真を撮りそこねた撮っていたらここに載せるのだが、またスマホを持っていくのを忘れてしまったのだ。読者はそれぞれ最高においしい味噌ラーメンを想像してほしい。それからでオートバイで夕方のポタリングをした。バイクはスーパーカブだ。生活のなかに入り込んでくるのがオートバイとくにカブやスクータのいいところだ。夕暮れの二輪は楽しく田んぼのなかの道を走りながら小学校のとき自転車で知らない土地に出かけることが楽しかったように少年の心を忘れてはいかんという気分になる。線路を渡るときに電車が来そうだったのでその場で待って見送った。田んぼの先をいったところに神社があった。こんなところに神社があるなんて知らなかったので入ってみた。ゲートボールができるような空き地があった。特に何もないが面白い。夏休み中に子供たちは朝ここでラジオ体操をしているのかもしれない。田んぼの中の道に電柱と電線が通っているのは悪くない、都会の電柱と電線は嫌いだが田舎のそれは悪くないのだ、特に夕暮れ時は絵になる。いつからか夕暮れが一日のなかで一番好きな時間帯になっている、前は朝日の夜明けが好きだったのだが。もう人生も黄昏どきの気分だからかもしれない。
今朝は滋賀県のアパートでおっさんのいる部屋を間借りさせてもらえないかと思った夢を見た。3万円くらいならいいと思った。そのおっさんは部屋にいくつもバイクを持っていた。

(2020/08/23)

う~んまいったなあ。Myオートバイのリザーブタンクをチェックしてみたらすっからかんでほとんど冷却水が入っていなかった。タンクが少し見にくい位置にありタンク内側の汚れがひどかったため気付かなかったのであった。水温計は元々なく警告灯は点かなかった。いつからこうなんだろう、よくオーバーヒートしないで走ってたな。今日はもう疲れたので明日やってみるが、ラジエータ内にはどれくらい入ってるんだろう。LLCが減った原因はウォーターポンプのところのパッキン劣化による液漏れ。二輪は5万kmもオーバーすると色々劣化による不具合が出てくる。Myバイクに対して申し訳ない気持ち。普通に走れるから修理としては楽なんだけど、それにしても申し訳ないな。

オートバイの整備とか金があれば執事のような存在にこれやっといてと任せるかもしれないけど、自分でやるのは資金の節約の他にもオートバイの構造を知りたいということとできれば技術を身に着けたいからでもある。車やオートバイというものも人類の叡智が生み出した優れた機械なわけで、その構造を知るのはなかなかに面白く、また自分で整備すれば愛着もわくのである。まあ本当はこれほど頻繁なメンテが必要だとは思っていなかったので、面倒くさがりなのにやる羽目になってしまったのであった。車と比べるとどう考えても面倒である。最近の車はメンテナンスフリーが進んでいるというし、金がある人は四輪にしたほうがいいです。

(2020/08/22)

一か月前くらいに知ったもののまだ書いていなかったのですが、弟が結婚するということで、ですがまだ実感がありませんね。弟が結婚してくれれば親に対して申し訳ないという気持ちが半減し、それはよかったと思うのですが、結局実感はずっとないままでしょう。もう私のほうは結婚がどうのこうのという気持ちがほとんどなくなってしまい、自分の人生に対してもあまり関心が持てません。いまだに感情がうまく働かず、もはや元には戻りませんね、まあ仕方ない。
今日は弟とバーミヤンに夕食に行きました。普段あまりスマホを携帯しないことが多いので写真を撮りそこねました。バーミヤンはやっぱりガストなんかよりもうまくてチャーハンとラーメンがうまい。やっぱり人とシェアして食べるのはおいしいんだよな。異常孤独男性だと飯もいつも一人になるしよくありませんね。
それで私のほうはまた最近バイクのメンテなどをやっていて、また興味がバイクモードになっているのですが、ですがこんなことをやっていても仕方ありません。しかしなんというかもう、やはりうまく人生に対して関心が持てません。もう終わった人になっているのですが、どうしようもありません。それで家のなかが荷物が多くなりちょっとバタバタしているのですが、それの片付けが面倒なくらいで、他にはあまり関心が持てません。もういいんじゃないでしょうか。積極的に生きたいという気持ちが薄く、苦痛と面倒なことがなければいいという感じです。