真人間を目指すためのログ

その日したこと、観たもの、読んだもの等の記録

【VR】Oculus Quest2を手に入れたので簡単にレビューする

Oculus Quest2を買ってしまったのでどんな感じなのかを書きます。もともとVRはやってみたくてOculus QuestかOculus Goでも買ってみようかと思いながら買わずにいたんですが、Oculus Quest2の評判がいいとのことなので買うなら今だろうともし自分に合わなくても売ってしまえばいいかと考え購入に至りました。買ったのはヤマダ電機ですが、万一の返品・交換が楽なことを考えるとamazonのほうがいいかなと思います。

以下数時間使ったばかりのレビューです。

困難のセットアップ

まず、セットアップに手間取りました。セットアップでスマホにOculusのアプリをインストールしOculus Quest2の本体とリンクさせる必要があるんですが、私の使っているスマホはandroid5.1.1で、これだと本体を探していますという表示がずっと続きいつまでも完了しません。どうやらandroid6.0以上にする必要があるようでした。自分の機種はMediaPad T2 7.0 Proですが何故android5.1.1止まりなんでしょう。カスタムROMを入れればandroid9が使えるということで挑戦したものの何故かブートローダーのアンロックで機種が認識せず。もう面倒になったので同じHUAWEIのMate 9を買いました。これを買ったのはMediaPad T2 7.0が7インチ画面のスマホタブレット)で画面が大きくそのほうがいいんですが最近の大サイズスマホはみな縦長でそれには我慢がならないためアスペクト比16:9で一番大きい機種ということでMate9になったのでした。7インチからすれば画面はやはり小さいと思いましたがハイエンドモデルで動作もサクサク、買ってよかった。無事にOculus Quest2とのリンクができました。なお他にFacebookのアカウントを作成する必要がありますがその方法についてはamazonのレビューに詳しいのでそちらを読んでください。

実際に使ってみて

まずOculus Quest2のホーム空間の景色に結構感動しました。夢幻館という、日本旅館のようで外は中国の鳳凰古城のような景色です。中を歩き回ってみたいのですがそのVR空間は広いため、現実での家が相当に広くないと無理なようです。

f:id:glamaje:20210111140556j:plain

人類史上、一番いい状態でVR体験を得られるFacebookの「Oculus Quest 2」をプレイ! (2/5) - ITmedia PC USER

他にも雪山や未来都市などいくつかホーム空間を選ぶことができて、どれも綺麗でリアル感があり、この空間を歩き回りたくなってきます。一番外側の景色はいわば壁紙のようなものなのでもちろん行けないんですが、その方まで飛び出していきたいような感じがしてきます。
あと名前を忘れてしまったんですが家の中を移動できる無料の英語アプリを使った。空間は広いがワープ位置をクリックで移動が可能。外の風景を芝生、雪山、海と3パターンで変更することができ、やはりなかなかのリアルさがありました。
前にネットカフェで旧型のヘッドセットを使ってみたときはスクリーンドア(網目模様)がかなり目立っていたんですが、Oculus Quest2はだいぶ見えなくなっており進化を感じます。

FANZA動画を観てみた

はい、まず試したことといえばアダルトVRですね。FANZAVRアプリをインストールします。FANZAにサンプルがあるのでいくつか観て、続きが気になったものがあったのでものは試しにとその一つのタイトルを購入してしまいました。感想はそこまでいいわけではないが悪いわけではないという感じです。キュレーションサイトのレビューにある実際に行為をしているというような感覚というのはもちろん大げさです。いいことはお胸がすぐ近くに見えるためリアルだということ。まあ私は内容がよほど好みでないとあまりAVを見ないのでそんなものでしょう。今後積極的に購入はしないと思いますが、はまってしまったら大変なのでむしろ助かった感じがあります。
ただ、FANZAVRアプリはすでに買ってあった2D動画にも使用できる。映画館のような大画面で見ている感じになるんですが、これが結構使えると思いました。2Dの映像は大きい画面で見た方が興奮度が高く、今まではできるだけモニタに顔を近づけていたりしたんですが、Quest2があれば簡単に大画面で見られます。これだけでQuest2が手放せなくなりそう。
VRの映像は実際の人間とサイズ感が異なり少し小さく見えてしまうのですが、やっぱり大きく見えた方が興奮度が高いんですよね。実際に物に目を近づければその物によって視界が覆われるわけで、VRでもそういった迫力が欲しいわけです。そのあたりは今後のVRの発展を待つしかないでしょう。
あとこういったVRは視界180°の固定された映像なので、空間のなかを自由に歩き回ることができるわけではありません。技術がそこまで行くにはまだまだ先になりそうです。

ならVRエロゲはどうか? 他のゲームは?

まだなので、やってみたらレビューします。あと東京クロノスというVRノベルをやってみたい。

Prime Video VR

映画館のような大画面に映せる。アニメD4DJ First Mixのライブシーンを観てみた。まあこれは画質が悪くなってしまいあとヘッドセットの音質がいいわけではないので普通のテレビで視聴した方がいいでしょう。映画はまだ観ていません。

改善してほしい点や今後のVRについて

重い。ヘッドセットはバンドで頭を締め付けるのですがこれがきつく、調整に手間取りました。バンドを締めると目の下の部分にヘッドセットが当たるためここが痛くなり、最初はこんなもの使えるかと思うくらいきつかった。FANZAとプライムビデオは寝ながら上空に映像を映せるものの、その場合ヘッドセットの重さがダイレクトに来ます。最初より慣れてはきたんですが、ヘッドセットがもっと軽くなり装着感がなくなってからがVRの本番だという気がします。あと視界の周りにはヘッドセットの物理的な黒縁があるため(双眼鏡をのぞいている感じ)、リアルに近づけるにはまだ技術の進歩を待つ必要があるでしょう。
VRの技術として超えられない壁もあるような気がします。いくらでも広大に作ることのできるVR空間に対し、現実の我々の部屋はすぐに障害物に突き当たります。つまりVRでいくら広く空間を作っても、我々はそのなかを自由に歩き回ることはできません。すでにあるようにワープポイントをクリックすることでそこに移動できるように作るか、狭い空間のなかをどこまでも歩き続けることのできる物理的な技術を開発するしかないでしょう。あと現在VRは視覚と聴覚の情報のみに限っており、もっとリアルな没入感を得るためには触覚と身体性の感覚が必要でしょう。今後SFドラマのような全身スーツが出るかはわかりませんが、それでも限界がある。とにかく現在の課題は重いヘッドセットをもっと軽くしてストレスを減らし、没入感をアップさせることが先決でしょう(攻殻機動隊のバトーさんと言われているようなメガネタイプのものが望まれる)。アップルがVRを開発しているという噂があり、とりあえずはそこに期待です。

(2020/12/31)

2020年の総括的なもの なし つらい年だった 虚無

2021年 感情が元に戻りますように

D4DJのユニットが紅白に出場する可能性について

D4DJのライブ行きたいからほんと早くコロナ終息してほしいわ

もう数か月のあいだ都市完全封鎖したほうが楽なんじゃないのかと思えてきた

他の国よりCOVID-19の感染者数が少ないのに医療崩壊が言われるのは医療分野でもともとの問題があったという理解でいいんだろうか

以下今年撮影した画像

f:id:glamaje:20201231215726j:plain

f:id:glamaje:20201231215732j:plain

f:id:glamaje:20201231215738j:plain

何かの間違いでこんなところにアクセスしてしまった人はよいお年を

(2020/12/30)

前回いいといったEDMのチャンネル

1時間以上の動画がいくつもあるから恐ろしい(曲の重複は結構あるが)。更に同じような関連チャンネルが5つくらいあり、今後ずっと聴いていられそうな感じである。曲のほとんどはイギリスの有名なNCSレーベル、それより知名度は劣るがカナダのMonstercat、更にはぐぐったがよくわからないMagic Music / Magic Recordsから取られている。圧倒的に女性ヴォーカルの曲が多いが、NCSには元々多いのだろうか。動画の画像にはマンガ・アニメ調のイラストが多く使われており、曲に合わせて画像が動く演出は最初ダセェと思ったがこれはこれで悪くないと思えてきた。SEXYなイラストも結構あり、つまりそういった絵でも抵抗のないギーク、ナード、オタク層が好んで聴いているんじゃないかと思ってる。EDMというとパリピ陽キャが野外フェスで踊ってるいかにもなMVが結構あるんだけど、その方面とNCS系で二分されているんじゃないかという気がしてきた。いやBig RoomやらBounceやら細かいジャンルはもっとあるんだろうけど、陰キャが圧倒的に好むのがNCSだという気がする(そもそもその辺の人たちは女性ヴォーカルの曲が大好きである)。いやー俺も綺麗な女の人が出演しているMVなのにそれに男の声がのってブリブリいってるような曲はちょっとと思うけど、NCSはMVもないし単純に美しい曲が多すぎなんですよね……ガチ勢のような人たちからはニワカと嫌われるんだろうけどさ。この辺のEDM事情に詳しい人は色々教えてほしい。

EDMはそんなにBPM速くないけどこれは他の曲よりもややアップテンポで珍しい。さすがの6.3万いいね、もちろん他のものもいいけどこのくらいのテンポの曲もっとないかなあ。

(2020/12/26)

ヨーロッパ旅の計画だがこのままだとCOVID-19で無理そうだね。特に変異種が確認されたという英国は。自分でも欧州に行って何か本当に変わるのだろうかという迷いはあって、あと今は創作を再開して他に時間が取れなくなってきた。まあ死ぬまでに行ければいいか。客死するのがカッコイイんじゃないかという気も。

というかこのままだと東京オリンピックも厳しいんじゃないの。

だんだんD4DJアニメの人気が出てきたような気がしないでもない。

D4DJ8話、わざわざアニメの放送開始を三周遅れにしたのは現実のクリスマスの時期とリンクさせるという意味もあったのかなあ。

D4DJアニメはまったく深刻になるところがなく、百合も強調しなかったり。あとところどころクラシックを挿入するのもポイントが高い。

他に言いたいことがもっとあったはずだが書くの面倒になってきた。

自分にはよく言われるような美少女になりたいという願望が全然ないんだけどそりゃこんな聖人美少女ばかりのアニメをずっと見ていたら美少女になりたくなってくるわな。

ここのところエレクトロニックな音楽を聴いている。EDMにダブステップやらディープハウスプログレッシブハウスなど違いがよくわからん。年代によっても違いがあるしそもそも曲が変わればもちろんそれは違う音楽なのであんまり細分化したジャンルにこだわる必要もないような。流行のEDMはクラブで流れる定番メドレーなどといったものを聴くとこれが実に単調でつまらない音楽でEDMなどというものは外人陽キャがフェスで上がるための電子ドラッグのようなもので糞つまらんと思うのだがBest Of 2020 Mix Best of EDM というものを聴いたら女性ヴォーカル主体でかなりよく結局は自分の好みのものを見つけるのが大事だわな。あとチルなEDMもいい。

f:id:glamaje:20201226122241j:plain

(2020/12/13)

今週のD4DJアニメが前半の総集編で泣いた。

今日はHappy Around!の1stライブということで、ツイッタのトレンドにも入りライブ配信のコメントの流れを見ているとD4DJが不人気ということが信じられないわ。まさか全員関係者やサクラということはないだろうが。ライブ行けばよかったのかなあ。どうも売り出し開始15分で売り切れたみたいなんだよね。行けばよかったという思いがしてくるので配信は見てない。Discordの掲示板でも話があったが自分もあのライブ空間に行くことに抵抗があってなあ。あとアニメのキャラクターこそ本体だという思いがある。行ってみればいいものなんかなあ。他のユニットもいつかライブやるだろうから本当に迷うわ。

D4DJのおかげなのかまたSpotifyを立ち上げていろいろ音楽を聴くことになった。もう音楽は飽きてしまったと思ったけどまだディグる(掘る)ことができそう。このDIGというD4DJにもある語はDJ用語らしい。知らなかった。

映画も結構飽きてしまって観るのめんどいんだけど海外ドラマは全然なのでその方面に行こうかな。VRをテーマにしたアップロード ~デジタルなあの世へようこそ~を見始めた。

Photon MaidenのみならずD4DJの他のユニットの曲も大変いい曲が多く繰り返し聴いている(Lyrical Lilyはあんまりだが……)。特に燐舞曲(ロンド)が大変いい感じ。宇宙との調和を歌い上げるPhoton Maidenに対して燐舞曲はこの地上において深く実存をえぐる音楽を作るという感じ(いやそんな大層なもんではないかもしれんが……)。Merm4idはこてこてのEDMサウンドを使ってるんだけどそれそのものではなくまた歌詞の内容も少し渋く、実はハピアラがもっともパリピっぽかったりする。 


ああ、これは受けませんわ……

D4DJがターゲットにしているような高年齢層と音ゲーをやっている層が致命的に乖離している気がしてきた。せいぜい俺のようにアニメ見て楽曲にはまるという人がいるくらいでしょう。バンドリに大学生ユニットはいなかったようだがD4は6ユニット中2つMerm4idと燐舞曲が大学生ユニットで、Merm4idをとりあげると上に書いたようにEDMサウンドを基調とし歌詞を見てもリアルの私を見てというような内容で、これが若年オタク層に訴えかけるとは到底思えないんだよな。かといっておっさんに響く訳でもない。アイカツおじさんのようなアイドルアニメを見ていた人たちも取り込めなかったのかなあ。いっそ女児向けにしてアニメを日曜朝に放送したほうがよかったんじゃないかという気がしてきた。なんとか円盤がバンドリくらい売れてくれればいいが……

AI婚活について思うことを書いたのですが、ここまでで疲れたので今日はやめます。

f:id:glamaje:20201213214958j:plainうさぎぴょんぴょんしてジャンプするポーズすき 

(2020/12/03)

だめだ、ラノベが書けねーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以前書くといっていたようなラノベ小説を書くことをまだあきらめていなかったのだが、第一章の骨格はだいたいできたものの、それからが厳しい。それからの展開がどうにも、見えてこない、のだ。書きたいという思い、やる気は十分にある。だが書けない。これには理由があるはずで、その理由を考えてみるに、どうにも自分のなかにラノベ的な情念がないのである。たとえば戦闘シーンを書きたいとか、美少女ハーレムでいちゃいちゃしたいとか、そういった熱っぽい感情がないのだ。それで何を書いて文章を埋めたらいいのかどうもわからない。何もラノベといっても戦闘やハーレムだけではないだろう、とにかく面白いエンタメを書けばいいじゃないか、確かに、と私も思って書き始めたのだが、金髪ツインテ大胸ENTJツンデレヒロインと恋愛するような話にしたいというだけで、それ以外に特に書きたい内容はなく、そんなことはないのだが、一応テーマらしきものはあるものの、具体的な展開が全然浮かばず、どうにも先に進まない。4万文字くらいなら書けそうではあるものの、長編にしたいので完成時にはだいたい10万文字くらいにしたいのだが、ヒロインの他にはキャラクターが全然思い浮かばないし、無理だった、ということで一旦筆を置くことにした。しかしまだもう一作、プランはあるので、こちらに取り掛かることにした。何度か言っているかもしれないけど元々の書きたかったものはロマン派小説で、しかしそれは前の長編で終わりその方面に進むことはもう無理だと感じている(昔書いたものでどこにも発表していない短編のようなものがいくつかある)。そのためその後の進路としてはエンタメラノベという道があったのだが、それは今の自分には厳しかった、別の進路を考えなければならない。それが何かはもうわかっている、ロマン派のあとに自分が影響を受けた、日本のいくつかのもの、浦賀和弘、乾くるみ、そしてゲームのinfinityシリーズ、この方向に進もうと思っている。浦賀乾くるみの書く特殊ミステリには小説の可能性を感じるし、読んでいて面白い。infinityシリーズは失敗作と感じるものも多い、というか全部そうなんじゃないかとも思えるけど、それだけに想像力を入れ込む余地が残されている。ということで、次のものは一応全体の骨格のようなものは思い浮かんでいるので、書き始めた、何とか転覆せずに、完成まで漕ぎ着けるかどうかわからないが、どうにか何とかしたい。

(2020/11/29)

天空の城ラピュタを見直した。たぶん10年以上見てなかったと思う。思い出補正も当然あるのだろうが全編泣きっぱなしになってしまった。普通のシーンで涙が出てくる。マツコ・デラックスが言っていたのと同じように加齢による涙もろさがやばい。それはともかくこの作品はもう人類の遺産に思えてきた。 これは思っていたよりずっと神話的広がりを持つ作品だ。パヤオからおどりゃワシの映画ちゃんと観たんかと言われたような感じである。杉田俊介の『宮崎駿論』ではラピュタに関して面白い解釈がなされていたが詳しい内容は忘れてしまったのでもう一度確認してみたい。滅びの呪文のあとにもラピュタの上層部は残り、実は解放の呪文だったという。ラピュタ上層の墓がある場所の楽園としての風景は宮崎駿の作品で何度か繰り返して登場している気がする。ナウシカの清浄の地、もののけ姫の森、ハウルの動く城ハウルの秘密の庭、等。

D4DJのアニメはこの3DCGの絵が好きなんだろうな。 綺麗な線で人形っぽさがある。もうアイドルアニメ等のアニメは全部これにしてほしいわ。アニメファンには苦手な人も多いかもしれない。

Discordのアイコンは明石真秀ちゃんだけど本当は出雲咲姫のファンということは主張していきたい。

何かと話題のスタンドバイミードラえもん2はちょっと見に行ってみたい。前作は最後以外のところは言うほど悪くなかった。3Dで作られた未来の街がよかったんだよね。最後のエピソードはほとんど原作のままなのでそれまでそれなりに改変していたのだからなんらかの改変したほうがよかったな。

スタンドバイミードラえもん2の新聞広告が話題だけど原作でもしずかがのび太と結婚する理由が同情からなのが自分も子供ながらにどうなのと思ったんだよね。しずかちゃんってのは母性が感じられなくてむしろドラえもんの存在が無限に甘えられる母性を体現してしまっている……杉田俊介ドラえもん論はまだ読んでないけど、読む必要がある。のび太のいいところというのは小原乃梨子さんの歌うのび太のテーマソングともいえる「のんきなのび太くん」に表現されているように徹底的なマイペース主義でしょう。むしろしずかちゃんのほうがのび太のび太主義に順応する必要がある。(という話になったら面白いのになあという願望)

Oculus Quest 2ほしいなあ。

エロビデオで女の人が下品に笑うシーンがあると興奮してしまう。機械的にただファックスしている動画はやはりよくない。

今期放送中のアニメのキャラをアイコンにしているオタクは浅すぎる!

ハルヒの新刊を買った。9年ぶりの新刊ということでハルヒも少し老けた気がする。

ハルヒの小説は昔かなりはまったというかアニメ放送後に読んだんだけど、書店で買ってそれからファミレスにこもって夜通し読むのが楽しみだったんだよね。あんな体験はもうできないなあ。ファミレスの隣にいた若いグループが携帯にずっと目を落としていておそらくケータイ小説を読んでいたみたいで自分はその横でハルヒを熱中しながら読んでいた。

書店に行ったらなろうファンタジーの並べられたコーナーに『魔法少女になってしまった君を抱いたのは、主人公にはなれなかった俺だった』というタイトルの本があったので、何か気になり人には見られないようにこっそりと読んでみた。見てみたら本番シーンや射精という単語があって驚いた。そういったシーンのある小説はフランス書院美少女文庫のようなレーベルだけだと思っていたのだ。調べたら男性向け18禁小説サイトのノクターンノベルズからいくつか書籍化されているみたいだね。出版させてもらえるなら一切のプライドを捨てる必要があるが俺も本当に書きたいんですが……この小説は買って読んでみようかな。

それにしても今の世は本当に末世で乱世なんだよな。